『SECHS』〜番外編・3人の旅人達3〜。

0
    JUGEMテーマ:自作小説
    JUGEMテーマ:連載


     

    ---------------------------------------------------------------------------





    光が差す。




    うっすらと瞳を開ければ、まだあどけない少女の笑顔が見てとれた。

    「………………俺は…」
    「おはようオリビア……昨日は本当によく眠れたみたいね。…私嬉しい」

    少々涙ぐむレディアを、押し退け、テオルに昨晩の様子を聞く。

    「悪くない夜でしたよ。あの後マスターは奇跡的にも熟睡。
    それを見届けたあなたの彼女は…」
    「彼女じゃない…!」
    「おや?あれは一夜の過ちですか?」
    「うるさい。それで続きは」
    「続きでしたね。えーと」
    「レディアの所からだ」
    「そうそう、マスターが就寝なされた後、豪快にいびきを…」
    「ちょっと!私いびきなんてかいてないわ!」
    「そうでしたか。それは失礼。要はマスターもレディアも
    昨晩はよくお休みになられていましたよ。モンスターの気配にも気付かないくらいに」
    「何!?」
    動揺したのはオリビアだった。

    「全て倒しておきました。オリビア、もっと修行が必要………と、言いたい所ですが、
    普段の貴方を観ていると仕方のないことかもしれませんね。
    いつも緊張は溶けず、疲れきった精神力ではあの男に勝つことなど不可能です」
    「ちょっと、テオル!」
    レディアが口を挟もうとするが、オリビアが手で制した。

    「お前の言うとおりだ…。まだ俺には力が足りない」
    「オリビア」
    テオルはさらににこやかな顔で、オリビアを促した。
    「それでは行きましょう、マスター!
    次の街ステルライブルへ!」
    「!……ステルライブル?」
    オリビアの表情が少し変わる。
    「本当なのテオル?」
    「ええ。地図によればこの街を抜けるとステルライブル
    ………本の都です!」
    「きゃあ!やるじゃないテオル!見直しちゃったぁ」
    「これくらい造作もない事です」
    「ほんの…都……」
    「そうよ!オリビア!行きましょう!珠には息抜きしないと!ね?」
    レディアが屈託のない笑顔を向けてきた。
    「そう…だな…精神を落ち着けるのもまた修行の内か」
    「そうです、マスター」
    レディアとテオルは、オリビアの手をとり、
    半ば引っ張りながら森をあと少しで抜ける場所まで連れていった。










    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    †ブログランキング†

    ↓ポチっとおしてくださると励みになります↓ にほんブログ村 イラストブログへ
    にほんブログ村

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM